自宅トレーニーさんへ^^


(30代半ばの方)

自宅トレーニーさんお久しぶりです^^
前回の記事にコメントありがとうございます^^

2日おきに鍛錬を継続しているなんてやりますね。精神力強いですね。

特に、ダンベルを両手で40キロでジャンピング20回と、腹筋ローラー膝を付かずに10回はかなりの高強度で、鍛錬していない人には無理なレベルですね。
流石です!


(早朝2時のトレーニー^^)

しかしながら、以下ご参考までに。

トレーニングマガジンに記載されていたのですが、トレーニングは一種目を2セットでやめるのと3セットやるのとでは、効果がかなり違ってくるで、最低3セットはやった方が良いとのことです。

それとジャンピングスクワットなのですが、自分の体験から云えば、将来の膝軟骨のことを考えたら、出来れば控えた方が良いと思います。

選手としてバリバリやっている若い頃ならば、スタミナ養成と脚力アップは重要なので、やった方が良いと思いますが、長年やり続けると、膝軟骨が消耗して痛みが出て来ると思います。

自分も歳を取り、膝関節が痛みます。
ちょっとでも速いスクワットをやると、直ぐに膝に痛みが走ります。

なので現在は、スロースクワットで膝を騙し騙しやっています。

ランニングもゆっくりなら大丈夫ですが、早く走って膝に衝撃を与えると痛みます。

ジャンピングスクワットは、膝に衝撃が掛かり過ぎるのでやめてしまいました。

ましてや自宅トレーニーさんのように、ダンベル持ってのジャンピングスクワットなどやってしまったら、自分の場合、人工関節手術まで一直線にいってしまいそうです。

自分レベルでも膝が悪くなっているのですから、バスケットやバレーボールやっている年配者の膝はどうなっているのだろうか?と、思ったりもします。

膝軟骨には血管が通っていないので、消耗すると再生はしないから、膝関節は大切にしないといけないですよ^^
と、当道場の医学部の学生さんに忠告されたことがあります。

かといって、大腿の筋肉がなくなれば、それもまた膝関節に負担が掛かるので、トレーニングを完全にやめてしまうという選択肢は選びませんが。



自分は現在は、膝、右手首、右肩に痛みがあり、トレーニング量は激減しています。

痛みの為に、最近は全く筋肉を追い込めなくなりました。

モチベーションも上がりにくくなり、筋トレも週に1回か2回になってしまった上に、緩(ぬる)いトレーニングで、以前と比較すると、ウォーミングアップ程度というレベルです。

特に肩が痛い場合は、腹筋や頸以外の上半身全てのトレーニングに支障が出てしまいます。

大きなお世話かもしれませんが、将来を考えたら自宅トレーニーさんも、ジャンプをしないスクワットでも良いのではないかと思います。

脚を鍛える行為で、脚を壊してしまったら本末転倒ですから。


(50代後半の方^^)

あー、でも、短時間でトレーニングを終わらせるための高強度でしたね。
膝の丈夫さも個人差はあるので、自分と同じようには、一概には云えないかもしれませんね。

自分の小さな物差しで計った、心配し過ぎな返信なのかもしれませんね。
失礼しました^^

鍛錬愛好家という共通点で、我々は同士ですね。
お互いに鍛錬を継続して、健康を維持していきましょう^^

越道会 問い合わせ 090-5520-8841 服部

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

空手道越道会

Author:空手道越道会
新潟市空手教室越道会

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
FC2アフィリエイト
おすすめサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered By FC2ブログ
無料blog